おせち料理

日本のお正月に欠かせないのがおせち料理です。
時代が変わって行事に興味がなくなってきた日本でも、年末年始のごちそうはやはり欠かせません。
昔は各家庭で手作りされてきましたが、近年では料理のプロが作るおせちを宅配サービスで届けてもらう家庭が増えてきています。

 

・おせちの相場価格

 

おせち料理

おせちを販売している業者や、おせちの中身の素材、料理の内容などによっても異なりますが、安いもので1万円前後、高いものですと3万円台の商品もあります。
おせちは食べる人数によっても価格帯が違ってきて、夫婦だけやカップルなど2人で食べる場合には1万円台のおせちが人気です。
一般的な家庭構成、3〜4人で食べる場合には、1万円台後半〜2万円程度の商品が売れ筋です。
一般的な家庭構成でもあるため、おせち宅配業者もこの価格帯の商品に人気メニューを入れている場合が多いので、2人でもたくさん食べたい人にもお勧めです。
しかし、売れ筋ゆえに商品がなくなるのも早いため、早めに予約をしたほうが良いです。
4人以上のおせちを注文する場合、和風なのか、それ以外なのかで人気の価格帯が若干異なります。
子供に人気が高い洋風おせちや和洋折衷タイプのおせちであれば15000円前後のおせちが人気ですが、和風のおせちになると2万円代のものが人気あります。

 

・価格だけで選ばない

 

おせちは料理されたものが冷凍で届くため、素材にこだわったものを選びたいものです。
特にお正月のおめでたい席での料理のため、国産のものを安心して食べたいものです。
価格にこだわりすぎて安いものを選んでしまうと、材料の産地が国産のものでなくなったり、中にはサイトに掲載した写真とまったく内容の違う商品が届く場合もあります。
まずは信頼して購入できるサイトから購入することと、おせちに使用されている材料がどこの産地のものであるのかをしっかり確かめましょう。
3人前以上のおせちを注文する場合には、1万円台のものを選ぶと、味も品質も間違いありません。

 

日本の伝統行事ともいえるお正月。
年末年始家族や親せきなども集まることからにぎやかに盛大に祝いたい人も多いです。
そこで登場するのがおせち料理です。
昔は日持ちのする食材を使って、年末に調理し、お正月には料理をしなくてもいいようにと考えて作り出されたおせちですが、現代では仕事が忙しくておせちを作っている暇もない女性たちも多いです。
そこで便利なのが、プロの調理人たちが作ったおせちの宅配サービスです。

 

おせち料理

・おせちの宅配の申し込みはいつごろまで

 

せっかくのおせちですから、お正月みんなが揃ったときに食べたいものです。
そこでおせちを予約する必要があります。
おせちの予約は早いところで8月下旬、遅くても9月には開始されるので、気になったところがあったら、サイトやカタログを常にチェックするようにします。
毎年中身や構成などが少しずつ違うため、できれば実際カタログやサンプルを確認してから注文したいところですが、それができない場合には、インターネットで中身の産地や具材の説明などを細かく確認しながら注文するようにします。
注文するタイミングは、お正月に食べることを考えれば予約開始早々の9月から10月くらいをめどに注文しておきます。
11月にもなると人気の商品がすでに売り切れ応対になってしまい、12月に入ると販売を終了するところもあるので、できるだけ早く注文しておきましょう。

 

・早ければ早いほどお得

 

毎年メーカー各社で翌年のおせち料理の予約を開始する時期は9月頃ですが、9月〜10月の間に注文すると、そのメーカーのすべてのラインナップから自由に好みのおせちを選ぶことができます。
人気がある商品ほど売り切れてしまうのも早く、早ければ10月にはなくなってしまう商品も出てくるので、11月に入るまでには予約を完了させておきたいところです。
ちなみに、早い段階で注文すると、早割と言って同じ商品でも価格を若干値下げして販売してくれるため、そういった意味でも早く予約をしておくとお得です。
では逆に、注文が遅くなってしまった場合、どうなってしまうのかといえば、12月中旬くらいになるとほとんどの商品が売り切れてしまい、逆に訳あり商品などが出てくるようになります。
おいしいおせちを新鮮なうちに食べるなら、遅くても11月中には注文しておきましょう。

 

おせちの宅配サービスのメニューには、普段高級すぎて手が出ないような高級食材がふんだんに使用されているものもあります。
また、年末のおせち作りを楽にしてあげたいという思いから、お歳暮代わりにおせち宅配を選ぶ人も多いです。

 

・お歳暮におすすめなおせち宅配

 

まずは何といっても有名百貨店のおせちがおすすめです。
プロの料理人が作った料理で、産地にこだわった高級食材をふんだんに使用しているため、だれが食べてもおいしいおせちを味わうことができます。
実際店舗があるため、足を運べるのであればサンプルでどのようなものか確認することもできます。
いろんなおせちのメーカーから、どれを選んだらよいのか迷っている場合には、Amazonや楽天、Yahoo!などの大手の通販サイトを見てみましょう。
おせち特集やお歳暮特集などの特集が組まれていて、いろいろな会社のおせちを見ながら、自分で選びたいおせちを選部ことができます。
格安でお試しおせちを提供しているところもあるので、お試しで味を確認してから贈り物にするのもおすすめです。
レストランやホテルなどで作っているおせちも人気があります。

 

・おせち宅配をお歳暮にする際の注意事項

 

まずは相手がおせちを手作りすることにこだわっていないかを確かめます。
年配の方の中には、おせちは自分で作るものとこだわりを持っている方も多いです。
そのような人へ宅配おせちを送るのは相手を楽にさせて下げたいという気持ちはわかるのですが、もらう側からすればなんとなく気分のいいものではありません。
送る場合には、まず、いつ届くのかを確認してください。
せっかくお正月にと思ったのに、届くのがお正月杉だったなどということにならないようにします。
年末に届く場合には、保存方法と、相手に保管場所が確保できるかの確認をします。
年末年始は冷蔵庫や冷凍庫がいっぱいになっている場合も多いため、届く前に確認して、おせちの分のスペースをあけておいてもらいましょう。
できれば相手の好みを考慮して、相手が喜ぶおせちを選びたいものです。

 

宅配おせちの中には、地域限定のおせち宅配もあります。
その地域でしか取れない食材を贅沢に使用したおせち料理を全国に届けることで、自分たちの地域では食べられないような食材のおせちを楽しむことができます。